失業保険はいくらもらえる?

失業保険にはいくつか種類があります。
多くの方が失業保険と聞いて思い浮かべるのは、基本手当でしょう。
基本手当の額が計算できれば、失業中の生活費としていくら確保できるのか?が分かります。
失業保険の基本手当額は、次のような手順で計算します。
1.退職前6ヶ月間の給与を、180日で割る
この給与には、残業手当や役職手当、家族手当、通勤手当など、各種手当が含まれます。
しかし、ボーナスなど、毎月は出ない種類の給与の場合、仮に退職直前の6ヶ月間に支給されていたとしても失業保険額の計算には含まれません。
こうして出た金額は、賃金日額と呼ばれます。
賃金日額が出たわけですが、サラリーマン時代に高給取りだった方には、もうひとつ試練が待っています。
というのは、年齢によって、賃金日額に上限が設けられているからです。
年齢が若い(30歳未満)だと13,000円程度、企業の中核となる年齢(45~59歳)でも16,000円程度(毎年微調整されます)で、これ以上稼いでいた人でも、上限額で頭打ちになります。
例えば、若い年齢の人は月50万円、60万円の給与を稼いでいたとしても、それは上限1日13,000円で頭打ちになりますから、月39万円程度に調整されるということです。
退職前に高給取りだった方から見れば損をした気分になるかと思います。
しかし、失業保険の基本理念が「失業中、転職活動に専念してもらうために生活費の一部を支援する」ことですので、生活費からあまりに上に振れた金額を支給するわけにはいかないのです。
失業保険は、辞める直前の給与の4.5割から8割がもらえる、と一般的に言いますが、それはこの「賃金日額の上限額」の存在があるため、必ずしも正しくありません。
歩合制で働く優秀なセールスマンで、辞める直前に月給300万円だったとしても、失業保険の額が月あたり135万円になったりはしないのです。
これらのルールがはっきりすれば、辞める直前に失業保険を増やすための手段は分かります。
退職前の半年、残業時間を積み上げるのが最も手っ取り早い方法となります。
(残業代がきちんと出る会社であることが前提ですが)
また、引っ越しをして通勤交通費が高い地域に移り住む、というのも手です。
退職後に引っ越そうとしても仕事をしていないとなかなか部屋も借りられません。
退職後の転居を考えている人は、在職中にしてしまった方が二重の意味でお勧めです。
残業手当と通勤手当が月5万円増えたとすると、基本手当は1日あたり800円弱の増加です。
仮に失業保険を半年もらえるとすると約15万円もの差額となってきます。
長い目で見ると、決して軽く見られる金額ではないことが分かります。
失業保険の1日あたりの金額については、下記のサイトも参考になります。
失業保険インフォ 失業保険の計算方法

失業に備えて副収入を

会社員で、失業に備えて副収入を得たいという人が増えているそうです。
長く勤めているからと言って給料が高くなる時代ではありません。
時代の空気を読み取って危機感を抱く人が増えているということなのかも知れませんね。
失業に備えるという意味では、退職後に自分がもらえる失業保険の額も計算しておいた方がよいでしょう。
失業保険の計算方法など、基礎知識はweb上で調べることができます。→ http://shitsugyohoken.com/
あらかじめ調べておけば、万が一失業した場合でも月にいくら稼げば生活していけるのかが把握できます。
なお、失業保険の基本給付日数は増やすことも可能です。詳しくは、こちらのサイトをご覧になってください。

初回割引とトライアルは強い

ホームページ自体の話ではありませんが、
最近当たり前のマーケティングとして
「トライアル無料」または「トライアルセット1000円未満」
「定期購入初回半額」といったものがかなり売れ行きをあげている感じがします。
トライアルセットが1週間分で数百円となると
試さない人はいませんし、
トライアルセット無料となれば教材自体数万円だとしても
申込者は殺到します。
でもマーケティング手法をきちんと考えていますので、
今なら限定価格ということで定期購入や本品の紹介まで行っているのです。
私自身トライアルを試し初回割引などで半額となれば
良い商品なら迷わずに購入してしまっています。
儲かるホームページではなく、儲かるマーケティング手法としては
最初こそ無料であっても、本品購入につなげることは「売れる商品」ということに繋がっていると思います。
返金保証付というのも魅力ですし、
定期購入に関しては、途中でやめても良い、期間を伸ばせるというところでも
消費者は手を出しやすいのです。

あなただけ特をすればいい?

「私が儲かればそれでOK」
そのような気持ちで商売をしているとよくありません。
消費者の立場になって考え、あなたのサイトを利用するメリットを与えないと
一時は商品を買ってくれても後が続きません。
また、そのような気持ちはサイトにも現れてきます。
例えば儲け話を持ってくる人っていますよね?
でもその話の裏は、「その人が儲かりたいためにあなたを誘っているのであって、
本当にあなたを稼がせるという気持ちは無いのかもしれません」ということです。
儲かるためにこれを買う必要があるという場合には注意しましょう。
また、そのような時だけ顔を出す人は
多くの方に敬遠されますし、姿を見るだけでも不快ですし、
着信でその方だとわかった時、電話に出ないということもします。
これがサイトに現れているとなればどうでしょう?
違う商品が出ました!
ということで買ってくれた人にメールマガジン配信をしたらどうでしょう?
誰も買わなくなってしまうのがオチなのです。

仕組みと柱

ネットビジネスで儲けるには、
しっかりとした土台と柱が必要となってきます。
柱となるものも土台となるものも
各々のサイトということになるのですが、
各々のということは、複数のサイトでその仕組を構築するということなのです。
最初からそれを完璧に作るのは素人では難しいかもしれません。
でも複数の似たようなテーマを持ったサイトを作れば、
それに柱となる本サイトを作ることができればいいだけのことです。
それぞれのサイトにキャッシュポイントというのを設けていきます。
そうしなければ稼げません。
キャッシュポイントというのは稼ぐためのものです。
複数のサイトで稼ぐ、また、本サイトへアクセスしてもらう、
ということでいくつかのサイト制作が必要となるのです。
そうしていくうちに、セールスレターやニュースレターというものを考えるようになります。
メールマガジンだってそうです。
ただその場合、物販アフィリエイトということとなり、
広告費を表示させるアフィリエイトとは違います。
どちらにも言えることは複数のサイトで稼ぐというものとなるのです。

儲かるのは消費者がいるから

間違ってはいけません。
儲かるのは買ってくれる消費者がいるからなのです。
どれくらいの儲けがでるのかは、
どれだけのネットユーザーがアクセスしてくれて、
その中の何割の方がリピートしてくれているのかによって変わってきます。
リピートしてくれているということは、
そのサイトがとてもよいもので、多くの方がアクセスしてくれている
という証拠にもつながっています。
なぜなら、そのようなサイトのほぼ全ては
特定の検索ワードではトップに位置しているため
多くの方がアクセスしやすくなっているからです。
儲かるのは消費者が居てこそではありますが、
このようなサイトを作るのは運営者の腕とマーケティング力によるものです。
魅力的なサイトやショップになっている、
検索順位も高くすることができているということで、
多くの方が商品を買ってくれるようになるのです。
消費者ありきの商売ですが、
戦略も大切なのです。

買ってもいいかな?

あなたがインターネットで買物をするときの心理について考えてみましょう。
そうすることで売れるようなサイトを作ることができるからです。
ほかのサイトでは販売されてないもので、
どうしても手にしたいものなら決済方法が面倒でも
サイトが使いづらくてもその商品を買うかもしれません。
実はこれがヒントとなります。
ライバル店よりも安い、ライバル店よりも少し高いけど、送料無料というメリットが有る。
またはおまけがついてくる。
安いけどサイト自体扱いづらいものだと、
途中で購入を断念されてしまう。
というのも事実。
このサイトから「買ってもいいかな?」
買った後商品が気になれば「リピート買いしてみようかな?」
と思われるような手法を考えなければなりません。
実は私がそうでした。
昨日のことです。
あるサイトから買った商品があるのですが、
昨日入ったメールで「当店リピーター割10%」でまた注文しちゃったのですね。
お客様を逃がさないような手法を取り入れたのです。

儲かるまでにやることとは?

ホームページを作ったところですぐに儲かることはありません。
もしそのような話を見聞きしたのなら、
「大嘘」「騙されている」と思って間違いありません。
なぜそれが分かるかというと、ホームページは作るだけで儲かるわけがないということです。
儲かるためにはそれなりにやることがあり、
それを継続していくことで実績を積んでいくため、
リアルの事業と同じなのです。
リアルの事業なら営業活動をしますし、それを日々行って仕事を得ますよね?
ホームページでもそのようなことをします。
それが集客ということになりますし、日々行って行くことはサイトを充実させるための
更新作業や改善だったりするのです。
更新作業を毎日行うことで集客することが可能です。
それがネット上の営業活動となり、ネットでも広告を打つことが出来ます。
また、ライバルに勝つにはライバルの事も知らなければなりません。
ライバル他者よりもこちらで買うことのメリットを考えてマーケティングをしていくのです。

アクセスアップさせていく

ホームページを作った当初はあまりアクセスはありません。
出来立てのサイトの多くがそうですし、
有料でサービスを提供しているサイトだって、
最初から儲けているわけではないのです。
有料サイトの場合なら、最初から広告も打っているようです。
でも商品を買うことで儲けるサイトなら最初から広告を打つ必要はないかもしれません。
その前にできる集客術を施していくのです。
できる集客術はとにかく毎日更新することと、
被リンクを稼ぐこととなります。
被リンクではそのサイトに適した内容のサイトとリンクをすることとなりますので、
むやみやたらに相互リンクのお願いをすべきではありません。
関連性のあるサイトに依頼をしていくというわけです。
沢山のサイトで紹介されることでそちらからのアクセスも期待できます。
更新することでもアクセスは期待できるというわけです。
そうやってアクセスアップをはかり、
ある程度の利益が得られた時には、広告も考えてよいでしょう。

ホームページ制作会社に作ってもらう際の注意点

ホームページ制作会社すべてが儲かることができるサイトを作れるとは限りません。
何も言わずそれを期待して作ってもらうのではイケナイということですが、
もしもSEO対策と儲かるためのアドバイスが受けられるのなら
その会社にすべてを依頼してもいいと思います。
昔はホームページ制作会社は作るだけの仕事をしてたようですが
今はそれだと仕事が取れないことも多くなり
集客術を勉強しSEO対策もできますという感じになってきました。
それから月日が流れ、それだけでは顧客獲得が難しいと知り、
コンサルティングもしながら成約率が高くなるような提案もできるようになったのです。
しかしすべての制作会社がそうではありませんので、
依頼者自身がそれを知り、相談をし、納得ができなければならないのです。
集客できても成約率が上がらなかければ意味がありません。
儲かるために作るサイトであれば、そこまで期待したいものです。
その期待に応えてもらうには、依頼者自信もある程度の知識が必要といえるでしょう。