買ってもいいかな?

あなたがインターネットで買物をするときの心理について考えてみましょう。

そうすることで売れるようなサイトを作ることができるからです。

ほかのサイトでは販売されてないもので、
どうしても手にしたいものなら決済方法が面倒でも
サイトが使いづらくてもその商品を買うかもしれません。
実はこれがヒントとなります。

ライバル店よりも安い、ライバル店よりも少し高いけど、送料無料というメリットが有る。
またはおまけがついてくる。

安いけどサイト自体扱いづらいものだと、
途中で購入を断念されてしまう。
というのも事実。

このサイトから「買ってもいいかな?」
買った後商品が気になれば「リピート買いしてみようかな?」
と思われるような手法を考えなければなりません。

実は私がそうでした。
昨日のことです。

あるサイトから買った商品があるのですが、
昨日入ったメールで「当店リピーター割10%」でまた注文しちゃったのですね。
お客様を逃がさないような手法を取り入れたのです。