Archive for the ‘ネットビジネス’ Category

失業に備えて副収入を

会社員で、失業に備えて副収入を得たいという人が増えているそうです。
長く勤めているからと言って給料が高くなる時代ではありません。
時代の空気を読み取って危機感を抱く人が増えているということなのかも知れませんね。
失業に備えるという意味では、退職後に自分がもらえる失業保険の額も計算しておいた方がよいでしょう。
失業保険の計算方法など、基礎知識はweb上で調べることができます。→ http://shitsugyohoken.com/
あらかじめ調べておけば、万が一失業した場合でも月にいくら稼げば生活していけるのかが把握できます。
なお、失業保険の基本給付日数は増やすことも可能です。詳しくは、こちらのサイトをご覧になってください。

あなただけ特をすればいい?

「私が儲かればそれでOK」
そのような気持ちで商売をしているとよくありません。
消費者の立場になって考え、あなたのサイトを利用するメリットを与えないと
一時は商品を買ってくれても後が続きません。
また、そのような気持ちはサイトにも現れてきます。
例えば儲け話を持ってくる人っていますよね?
でもその話の裏は、「その人が儲かりたいためにあなたを誘っているのであって、
本当にあなたを稼がせるという気持ちは無いのかもしれません」ということです。
儲かるためにこれを買う必要があるという場合には注意しましょう。
また、そのような時だけ顔を出す人は
多くの方に敬遠されますし、姿を見るだけでも不快ですし、
着信でその方だとわかった時、電話に出ないということもします。
これがサイトに現れているとなればどうでしょう?
違う商品が出ました!
ということで買ってくれた人にメールマガジン配信をしたらどうでしょう?
誰も買わなくなってしまうのがオチなのです。

儲かるまでにやることとは?

ホームページを作ったところですぐに儲かることはありません。
もしそのような話を見聞きしたのなら、
「大嘘」「騙されている」と思って間違いありません。
なぜそれが分かるかというと、ホームページは作るだけで儲かるわけがないということです。
儲かるためにはそれなりにやることがあり、
それを継続していくことで実績を積んでいくため、
リアルの事業と同じなのです。
リアルの事業なら営業活動をしますし、それを日々行って仕事を得ますよね?
ホームページでもそのようなことをします。
それが集客ということになりますし、日々行って行くことはサイトを充実させるための
更新作業や改善だったりするのです。
更新作業を毎日行うことで集客することが可能です。
それがネット上の営業活動となり、ネットでも広告を打つことが出来ます。
また、ライバルに勝つにはライバルの事も知らなければなりません。
ライバル他者よりもこちらで買うことのメリットを考えてマーケティングをしていくのです。

儲かるために一番重要なこと

ネットビジネスで儲けを出すには、儲かるサイトを作ることはもちろんですが、それ以上に一番重要なことがあります。それは「ネット集客」となります。アクセス数が低ければ儲かることはありません。そのために行うのがネット集客となり、どれだけ沢山の方を日々招き入れるかということとなるのです。
理想としては1日に数万アクセスといったところでしょうか。その中の成約率が1割だとすれば、数千というお客様がお買い物をしてくださるのです。かなり儲かるサイトということになりますよね?それが半分の割合だとしても約500人(アクセス数が1万人として)ということとなり、複数商品を買ってくださる可能性もあるため、儲けはかなりのものとなります。
アクセス数を稼ぐには内容の濃いサイトを作ること、それから検索しうるであろうキーワードを用いること、ただし、それがきちんとした形となっていなければなりません。キーワードを用いても内容が薄っぺらなら成約率は低くなります。数千というアクセスでも5割という割合で買っていかれれば、先ほど例にした数字よりも稼げてしまうということになるのです。とにかく1日数千アクセスを目指し、そのあとは数万アクセスを目指してサイトを作り上げていきましょう。

ウェブでのマーケティング方法を知ること

ウェブサイトで儲けるには
毎日更新してアクセスを増やすのは必須ですが、
その他に身につけておきたいのはウェブマーケティング方法です。
一つのサイトだけでは稼ぎにくいもので、
その周辺にサイトを作っていくのですが、
そこからも本サイトにアクセスを集めるのです。
どういう表現方法を用いれば購買意欲が湧くか。
それは営業マンならわかることです。
それをウェブ上で実践していくということになります。
テレビショッピングありますよね?
ふん、そんなの買わないから。
なんて思っていても何度か見ているうちに買いたくなる。
それも販売手法となります。
何度も訪れてくれるようリピート率を高くする。
それがウェブマーケティングでも使える戦略です。
気になるようにするのですね。
訪れた方がまた来たくなるような、
チェックしてみたくなるようなサイトを作っていくのです。
押し付ければだれだって逃げていきます。
いらない人は買わなくていい。
そのような表現を用いるのもいいと思います。

アクセスとリピート率を高くする

儲かるためにはたくさんの方に訪れてもらわなければなりません。
繁盛しているお店にはたくさんの方が訪れていますよね?
またその中には必ずリピーターがおり、
ここで買うことのメリットを知っています。
実店舗がそうです。
ホームページはどうかというと、
実は同じこと。
ですので、アクセスを集めるとともにリピーターも増やしましょう。
リピート率を高くするにはメールマガジンを配信し、
得になる情報を提供します。
検索エンジン対策も行いながら新規顧客も獲得し、
儲かるように作っていくのです。
メールマガジンの配信はできるだけ数を多くし、
定期的に発信してください。
購読者特典としてIDとパスを入れて見る特設ページ開設も良いことです。
そうすることでまた商品を買ってくれる率が高くなり、
そのような情報が得られるのならということで購読希望者を増やすこともできます。
儲け続けるには何をしたら良いのか。
それを考えてマーケティングをしていくのです。

広告で引き寄せる

ホームページで儲けるには、
作りじたいも考えなければなりませんが
集客術として広告を打つことでたくさんのアクセスを集めることが出来ます。
その数は日々行っているSEO対策よりも絶大なものですが、
その理由は「不特定多数のサイトに広告として掲載できるため露出度が高くなる」というものです。
でも必ず訪れてくれるものではありません。
訪れたサイトにネットユーザーの答えが見つかれば
広告は無視されてしまいます。
ただし、広告として入れ込むキャッチコピーが魅力的なものであれば
多くの方がクリックしてしまいたくなります。
買わないと思っていてもクリックをして訪れてくれ
結果的に買ってしまうということもあるのです。
消費者の多くはタダでできることや安く買えるものを探しています。
でも買うことで簡単に悩みなどを解消できるものなら
楽なものも好みますので買ってしまうということなのです。
もちろんホームページの内容も充実してなければなりません。

網を張って構築していく

儲かっているサイトを作っている人は、
そのホームページだけを作っているわけではありません。
関連性のあるサイトをたくさん作り入り口を広げています。
最終的には販売ページにつながるよう
リンクを貼って網を張って構築をしていっています。
関連性をもたせあらゆるキーワードでサイトをたくさん作る。
そうすることによって貼り付けたリンクの先は販売ページにするということです。
ネットビジネスをされたことのない方はそれがわかりません。
同じ人が作ったものだと感じさせていないのです。
でもネットビジネスをかじって稼いだことがある方には一目瞭然です。
それが戦略なのです。

アフィリエイトで儲ける仕組みを学ぶ

売るものがなくても儲けることができるのがアフィリエイトです。
あなたは品物を仕入れなくていいですし
無料のブログなどでも売ることができるため
実質無料で稼げてしまうのです。
実質無料というのは、商品を売るために
あなたが実際の商品を買うこともあるということになりますが
アフィリエイトでは本人OKのものだと、バックがありますし
あなたがレポートしたことにより売れたものからのバックが入ったら無料どころか
収益を上げることができるということです。
どうやって儲けていったらいいのか。
特にネットを使って。
それが学べるのがアフィリエイトなのです。

勉強をしてこよう

一人で黙々とネットビジネスをされるのもいいですが、
少しの時間を割いて勉強の時間に当てましょう。
勉強の時間に充てるといっても、
本を読みなさい、ネットで調べてきなさいとは言ってません。
他社の仕事依頼を請けてみるのです。
他社の仕事依頼をうけると、どのような手法でビジネスを展開しているのかがわかります。
あなた自身がネットビジネスをされているわけですので
依頼を受けたことに対しての仕事の流れと手法がわかります。
相手にはあなたがネットビジネスをしていることを話してOKです。
相手もあなたに任せることで安心しますから。