Archive for the ‘未分類’ Category

失業保険はいくらもらえる?

失業保険にはいくつか種類があります。
多くの方が失業保険と聞いて思い浮かべるのは、基本手当でしょう。
基本手当の額が計算できれば、失業中の生活費としていくら確保できるのか?が分かります。
失業保険の基本手当額は、次のような手順で計算します。
1.退職前6ヶ月間の給与を、180日で割る
この給与には、残業手当や役職手当、家族手当、通勤手当など、各種手当が含まれます。
しかし、ボーナスなど、毎月は出ない種類の給与の場合、仮に退職直前の6ヶ月間に支給されていたとしても失業保険額の計算には含まれません。
こうして出た金額は、賃金日額と呼ばれます。
賃金日額が出たわけですが、サラリーマン時代に高給取りだった方には、もうひとつ試練が待っています。
というのは、年齢によって、賃金日額に上限が設けられているからです。
年齢が若い(30歳未満)だと13,000円程度、企業の中核となる年齢(45~59歳)でも16,000円程度(毎年微調整されます)で、これ以上稼いでいた人でも、上限額で頭打ちになります。
例えば、若い年齢の人は月50万円、60万円の給与を稼いでいたとしても、それは上限1日13,000円で頭打ちになりますから、月39万円程度に調整されるということです。
退職前に高給取りだった方から見れば損をした気分になるかと思います。
しかし、失業保険の基本理念が「失業中、転職活動に専念してもらうために生活費の一部を支援する」ことですので、生活費からあまりに上に振れた金額を支給するわけにはいかないのです。
失業保険は、辞める直前の給与の4.5割から8割がもらえる、と一般的に言いますが、それはこの「賃金日額の上限額」の存在があるため、必ずしも正しくありません。
歩合制で働く優秀なセールスマンで、辞める直前に月給300万円だったとしても、失業保険の額が月あたり135万円になったりはしないのです。
これらのルールがはっきりすれば、辞める直前に失業保険を増やすための手段は分かります。
退職前の半年、残業時間を積み上げるのが最も手っ取り早い方法となります。
(残業代がきちんと出る会社であることが前提ですが)
また、引っ越しをして通勤交通費が高い地域に移り住む、というのも手です。
退職後に引っ越そうとしても仕事をしていないとなかなか部屋も借りられません。
退職後の転居を考えている人は、在職中にしてしまった方が二重の意味でお勧めです。
残業手当と通勤手当が月5万円増えたとすると、基本手当は1日あたり800円弱の増加です。
仮に失業保険を半年もらえるとすると約15万円もの差額となってきます。
長い目で見ると、決して軽く見られる金額ではないことが分かります。
失業保険の1日あたりの金額については、下記のサイトも参考になります。
失業保険インフォ 失業保険の計算方法

失業に備えて副収入を

会社員で、失業に備えて副収入を得たいという人が増えているそうです。
長く勤めているからと言って給料が高くなる時代ではありません。
時代の空気を読み取って危機感を抱く人が増えているということなのかも知れませんね。
失業に備えるという意味では、退職後に自分がもらえる失業保険の額も計算しておいた方がよいでしょう。
失業保険の計算方法など、基礎知識はweb上で調べることができます。→ http://shitsugyohoken.com/
あらかじめ調べておけば、万が一失業した場合でも月にいくら稼げば生活していけるのかが把握できます。
なお、失業保険の基本給付日数は増やすことも可能です。詳しくは、こちらのサイトをご覧になってください。

広告は貼らないで

自社サイトから複数の売上を上げたい。
そう思っている方は多いでしょうが、自社サイトから売れるものは
扱っている商品のみと考えてください。
アフィリエイターたちが広告から稼いでいると知り、
自社サイトにもそれを貼ったら稼げるかといったら大間違いです。
ハッキリ言います。
自社サイトに広告を貼ったら広告からの収益はゼロに近いですし
あなたが扱っている商品だって売れません。
ポリシーを持って欲しいのですが、
扱っている商品以外の広告を貼ることで
お客様が逃げているのと同じなのです。

地域情報サイトを作ってみては?

常にアクセスが集まりやすいサイトの中には、
地域情報を提供しているものがあります。
グルメ、穴場、観光スポットなどなど
観光に訪れる方や地域の方が情報を検索しますので、
知っている情報をどんどんアップしてけば
継続的に誰かがアクセスしてくれます。
情報系サイトからの収益としては薄いものです。
ただ、他にはどのようなサイトを運営しているのかお知らせしておくと、
ファンになってくれた方はアクセスしてくれて興味をもつはずです。
時間の損と考えず作ってみるのも良いと思います。

あなたは普段どのようなサイトで買い物をしているか

儲かっているサイトは、たくさんの方がアクセスし、
そこからクリックして買い物をしています。
普段買い物をするサイトも決まってくるでしょうし、
あなた自身がリピーターとなっているサイトもありますよね?
何故そこから買い物するのか?
サイトの使いやすさでしょうか?
商品が豊富で安いからでしょうか?
送料が無料だからでしょうか?
ものを売るホームページを考えるなら、
普段あなたが買い物をしているサイトを手本にしても良いと思います。
全く同様に作るわけにはいきませんが、
ここが良いという部分を取り入れていけば修正しながらも良いサイトができると思います。

広告だらけのサイト

利益をだそうとするあまり焦って、アフィリエイト広告を貼り付けまくっているサイトを見ることがありますね。
そうしたサイトを見ると、そのエリアに表示されているもの全てが広告だとわかってしまいますので、そのエリアを視界から外すようになってしまいます。
過ぎたるは及ばざるが如しですね。

買ってくれない理由

サイトを見て買う買わないの基準はまずそのサイトが胡散臭くないかどうかというところにあります。
ですので大手で買うという人が多いのですが、そういう点さえクリアすれば問題は少なくなるはずです。
注意すべき点はサイト名とは別に会社名を作るという事と住所を記載するという点です。

ユーザー心理を考える

ホームページ製作者が想定している「一般的なユーザーはこんな風にページを見てくれるだろう。」という予測と、実際のユーザーの見方には、大きなに違いがあります。
製作者がHPを作る時には、ユーザーは次のようにサイトを使ってくれると考えています。
まず、それぞれのページをじっくりと眺め、文書う熟読し、そしてページ全体の構成を把握した上で、提供されているメニューを比較検討し、その上でどのリンクをクリックするかを決定するのです。

サイトは売れる

ホームページの価値というのは、その作った人だけに分かるものではありません。
その地域で有名なサイトであれば、新規にその地域でそのサイトと同じジャンルのサイトを展開させてもアクセスを集めるのは容易なことではありません。
やはり、地域に根づいた老舗サイトを超えるにはそれなりの期間が必要になってくるからです。
そこで新しくそのジャンルで運営したい会社はそのサイトの買収にかかります。
数百万以上の価格がつくこともざらなのです。

サイトをブックマーク

ホームページを作るときにどのようなものを作ったらよいのでしょうか?
漠然とした問題ですので難しいですよね。
そんな時はこのように考えてください。
もし自分だったらこのサイトをブックマークするだろうというサイトを作るのです。
そんなに簡単じゃないと思うかもしれませんが、何度も何度も見返して面白くしていきましょう。